スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あったらイヤだなシリーズ(仮) 

報告と連絡と相談が全く出来ない新人に
手を焼いている策師でございます。
まいどさまです!

さぁ、今日の戯言いってみよー!!!(=゚ω゚)ノ



続きを読む
スポンサーサイト

ちょっとしたこと 

ちょっとこのSS見てください(´ω`)
続きを読む

性格分析をしてみた 

フレのブログに性格分析というものへのリンクが張られていた。

http://www.be-fine.net/wannabe/contents/character/index.cfm

さっそくやってみることにする。
んで、結果はこれ↓





型番 内向- 直感- 感情 -自然
気質 信念性
タイプ 理想家

終生、人生の意義と心の平安を探索し続ける哲学者です。
個人的な深い価値観に動かされ、自分の信条と行動とを
一致させるために情熱を燃やします。
真実や理想を追い求め、自分が正しいと思えない事は決してしません。感受性が鋭く、思いやりがあり、他人に感情移入しやすい。
身近な人には細やかな配慮をしますが、私生活に立ち入らせる相手を
選択するので、冷たく、警戒心を持っているように見えます。
さらに、あまり人に好かれないようにも見えます。
あなたを知るには、多くの人にとって、とても時間がかかるのです。





すいません、おもっきり当たってます・・。


虚言か妄言か戯言か。 

アトルガン発売日が間近に迫っているのですが、
どうにもモチベとテンションが上がらずに困っている策師でございます。
まいどさまでした。

さて、最近はブログのネタになるような事件もなく、
非常にマターリとしたヴァナライフを送っているのでございますが、
なんと言いますか、胸の中のモヤモヤしたものを吐き出したく、
こうしてPCと睨めっこしているわけであります。

よって、今回のブログはタイトル通りの内容です。
興味の無い人は華麗に鮮やかに軽やかにスルーしてください。
読んだら最後。眠れなくなるか、眠っても夢見が悪くなること請け合いです。




えー、みなさんはヴァナ・ディールでの生活、
・・この表現がイヤなら言い換えますか。
FF11をプレイしていて、誰かにお手伝いを頼んだり、
頼まれて手伝ったことはあるかと思います。

サポジョブクエのアイテム集め、共通ミッションのドラゴン退治。
AFのカギ取り、闇王討伐、ジラMやプロMの進行などなど。

例を挙げるとキリがないのですが。
まぁ、あるでしょう。絶対に。

人によってお手伝いに対するスタンスはそれぞれだと思います。

手伝いを要する事由を片づけたら、さくっと帰る。
事由が終わった後もアフターフォローまで手伝う。

前者は何となく職人気質な感じがします。
言い換えるなら、人材派遣会社ですかねぇ。
要求された仕事をこなし、依頼人の満足する結果を提供する。
かっこいいですね。うん。

後者は、何でしょう。質の良いショップでしょうか。
要求に沿った結果を提供し、その後のフォローも万全。
現実世界で言うと、洗練されたサービスを提供する集団ですかね。
職に貴賤は無いと思っているので職種は限定しません。

どちらが良いスタンスかという論議は無駄だと思います。
個々人の価値観やこれまでのプレイスタイルによって
構築されていると思うからです。

ただ、おいら個人としては、ヴァナ・ディールの世界というのは
善意で動いている部分が多いと思います。

ビギナーには親切にしてあげる。
いや、別にビギナーに限らず人には親切にしますがね、一例です。
フレやLSメンが困っていたら、手伝えることは無いかと聞いてみる。
たとえ相手が自分の力を必要としていなくても、
自分には助けてくれる人がいると思ってもらえるのは
ある意味での助力になるんじゃないでしょうか。

クサイ言葉ですが、仲間がいるってのは何よりも力になると
おいらは思っています。
どんなに辛くても悲しくても、信じ合える仲間がいれば
人はそれだけで救いを得られるんじゃないでしょうか。

子供じみた意見だと笑われるかも知れませんね。
世の中を知らないガキの戯言だと言われるかも知れません。
ですが、おいらはそう信じています。



ちょっと最近、考えさせられる事がありまして。
最近というか、ここしばらくずっと悩んでいるんですが。

『みんなで楽しくバカ騒ぎ』を流儀とし、それを至上の目的とする
リンクシェルがあります。

名称は伏せます。読む人が読めば判ることなので。

そのLSではデュナミス(通称:裏世界)攻略を
週に一度のペースで行なっています。
裏世界に限定せず、色々バカなことをするためのLSです。

おいらはその活動の主催者的位置づけにあります。

自ら望んで得た地位ではありません。
以前のブログでも書きましたが、地位や権力には一切の興味が持てないんです。

前述の流儀を旗印に、旗揚げした攻略活動。
その当時は参加者の数が少なく、集合時間に人数が足りなくて
裏世界に突入出来ない腹いせに、泣きながらイフ釜を登り、
勢いでゲイボルグのNMを倒しておりました。(実話)

ポイント制度でのロットを敢えて採用せず、
みんなでぎゃーぎゃー騒ぎながら楽しむことを前提とし、
話し合いを重ね、独自のロットルールを制定しました。
それに納得出来ない人々は去りました。
残念なことですが、楽しく遊べないならそこにいる理由はないです。

社会人の割合が多いため、集合時間についても
議論に議論を重ねています。これは今も継続中の問題。

100貨幣へのロット問題については、2時間半に渡る大激論を展開。
『古参優遇、新参遠慮』というLSの方針を無視した暴論にキレました。
自分一人が楽しければ他はどうでもいい、と言うのと同じ意味に取れるからです。

人にはそれぞれ価値観がある。
ある人には円に見える図形も、ある人から見ればそれは三角形に見えるかも知れない。
そして違う誰かにはそれが円錐に見えているかも知れない。
価値観というのはつまり、『物事の見方』だと思います。
このゲームの中での価値観というのは、キャラを育成していく中での
色々な人々との出会いと別れ、自分に起こったあらゆる出来事を通して
構成されていくんじゃないかと思います。

人が大勢集まれば、その人数に比例して、多様な価値観がある。
言うなれば、LSってのは価値観の集合です。

LS創始者の思想が『みんなで楽しく』でした。
それは今も変わっていません。
思想を価値観と置き換えると分かり易いと思います。

その価値観を全員で共有したい。

AFとか、貨幣とか、素材とか、そういう目先の利害じゃなく。
もっと広い目線で物事を見て欲しい。

そうしたら、きっと今より面白くなるはずです。
見慣れた風景だって新鮮に思えるはずです。




















世界が色褪せて見えるのは、きっと・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。