スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅前留学というには余りに 

さぁ、FF11の昔語り第2話です。

時折、LSで話題にあがるのが、『Alexiaウィンダス留学事件』

留学なのに事件とはこれ如何に?

次の中から正解を選んでください。

1:故郷バスを捨て、ウィンダスに帰化したから。
2:ウィンダス到着直後に死んで、HP戻ったらバスだったから。
3:留学というより、拉致だったから。

さて、正解はと言うと・・・。
正解は、3番『留学というより拉致だったから』です。

あれからずいぶんと月日が経ち、LSにも人が増え、
当時のことを知る人もぽつりぽつりと引退したりしております。
子供団の歴史に残る(と本人が勝手に思っている)事件なので、
その事件の真相を記録に残しておきたいと、こうしてパソコンに向かっている次第であります。

てことで、語りましょうw




・・そう、あれはおいらがサポ無し戦士12歳の頃でした。
ゲームを開始したその日に、現在もメインLSとして所属している
子供団に勧誘され、右も左も判らないヒヨコ冒険者だったおいらも
なんとかレベル上げPTに参加できるくらいに育ってました。

で、ある日。
LSのリーダーであるPasse団長がおいらに言いました。

『あれさん、他の国に行ってみたくない?』

他の国ってどこだろうと聞いてみると、そこはウィンダスという国だといいます。

ヒヨコのくせにバスの景色を見飽きていたおいらは二つ返事で
その誘いに乗ることにしました。
・・と、言ってもどこにあるかも判らないので、団長ともう一人、
『子供団の略奪王:パジャ』が護衛に付いてくれることに。

バス商業区から出発し、一路ラテーヌへ。
ホラのゲートクリスタルもついでに取って行こうという配慮でした。
熟練冒険者2名の護衛のおかげで何事もなく無事にゲット。

今度は来た道を戻り、砂丘にあるセルビナという町へ。
ウィンダスはここから船に乗って向かうということでした。
セルビナで粘土クエ(石碑クエっていうのかな?)を受けて、
船に乗り込みます。運賃は100ギル。安いですね。

乗り込んでからしばらくすると、出航です。

『おぉ・・・動いた・・』と当たり前のことに感動しつつ
船はマウラへと向かいます。








初めての船旅で海賊が登場。
船倉でガクガクブルブル震えておりました。









海賊襲来から少し経つと、船は目的地マウラへ到着。
セルビナと比べると地味な雰囲気の町です。

外に出るとレベル上げのPTで賑わっていたのを覚えています。
今でこそサポ取りはセルビナが主流ですが、おいらがサポ取りの頃は
マウラ側も盛況だったのですよ。

で、インスニかけてもらってブブリムを抜けます。
当時、インスニの違いも知らなかったです^^;
目に入る敵は、とてとてのみ。絡まれたら死ぬ~!こえぇ~~~!! と
怯えながら必死に護衛2名の後ろをついていきました。

ブブリムを抜けるとタロンギ大渓谷です。
ここでもテレポ石を取るために、寄り道してメアの岩へ。

と、見たことのないデッカイ敵がいます。


あれくしあの顔
 「あれなに? ラクダ?」

だんちょ
 「きりんwww」




ダルメルをラクダと見間違えたのはおいらだけですか?orz


そうこうしてるうちにウィンダスに到着。
のんびりしたBGMが穏やかな気持ちにさせてくれる国です。
NPCもタルタルとミスラが多いです。

で、最初にホームポイント(ウィンダス森の区)に案内され、
言われるがままに設定。

モグハウスに到着し、一息ついたところで気がつきました。














もしかして・・帰れない?
















恐る恐る団長に聞いてみると、

だんちょ
 「あw」












いや、ちょ、「あw」ってアンタ・・。


・・と、まぁ、『好奇心は猫を殺す』を自ら体験する羽目になりました。

その後、バスに帰りたい一心で必死にレベル上げ。
リーダーもここで初体験しました。
というか、誘われない時はすぐリーダーをするようになりました。
この頃からオトリダが宿命づけられていたのでしょうか。
インスニの違いや生命感知、魔法感知についても
ウィンダス側での冒険で学びました。
サポもマウラのクエで取得したし、当時ここらでレベル上げを
一緒にした人とは後にボヤーダ樹でのPTで再会しましたw


今だから言える。

この事件が今のおいらの基礎を作ったのだと!

いや、ほんと、これが無かったらおいらは
きちんと育っていなかったんじゃないだろうかって本気で思います。
その意味では、この事件は良い経験だったと思いますね。

ちなみに余談ですが、この事件の後、子供団では
新人さんの三国テレポ石取りツアーが恒例となりましたw




<昔語り第3話『子供団内限定称号について』に続く・・・かどうかは不明w>
スポンサーサイト

コメント

Pさん>>>その黙秘は却下ですww

ガビさん>>>来訪ありがとです!ダルメルはラクダで良かったんですね…ww

確か・・・

ダルメルって、実はラクダを元にデザインされたんじゃ
なかったっけ?
どこかの設定資料で見た記憶が・・・( ̄-  ̄ )
それにしても面白い昔話でしたw
アレさんの過去にそんな事があったのかぁ♪

えーっと....

何の事かな?('Д')y-┘~~

エアロさん>>>スパルタというか、ウィンダスで放置でしたww
自力で帰ってコイヤゴルァ!(#゚д゚)∂゙って感じww

うわ~
スパルタだ~
エアロだったら、耐えきれないかも。

つらかったデスヨ(-_-;)
当時は森の区以外には足を踏み入れなかったですね。
迷子になるからww
てことで、ウィンダスは第二の故郷なのです。

お気の毒な事件だったねぇ

毎日『バスかえりた~い』
って言ってたね。

そんなあれぽんへの言葉が
『帰ればいいじゃん?』

ホント ウィンに軟禁状態(@_@)

今思い返せばイイ思い出だね~(´ー`)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lostaegis.blog58.fc2.com/tb.php/22-00478ce1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。